Bad Beat ポーカーブログ

ポーカーは投機的なゲームであるが、そこにあるジレンマを考察するポーカーブログ

プレイ記録#4 つきすぎた一日

f:id:llcpastel:20171019144357j:plain

結果

本日:240bb

今月:560bb

本年度:560bb

 

コメント

今日は運が良かった。

LAGっぽくプレイすることが増えて、ポストフロップでバンバンベットやレイズが飛んでくるようになった。

ポットオッズ的においしいところでこういったアグレッションの矛先が向いてくると、運がいい時に爆益が出る。

TAGが多い今のキャッシュゲームでは結構おいしいプレースタイルかも。

 

ハンド

COから2.5bbベットにSBの自分とBBのスーパールーズのプレイヤーがコールで3way。

フロップは7sTc9sでトップセットをヒット、バックドアフラッシュのおまけ付き。

1/2ポットサイズベットに全員コール。

ターンは2sでフラッシュの可能性がある嫌なカード。

チェックすると、BBがポットサイズベットと強気のアクション。

COはフォールド。

フォールドはないので、コールかレイズなのだが。

フラッシュにしてはベットサイズが多くない?せっかくおいしい場面なのになぜそんなに大きいベット?

AsXのブラフ、またはツーペア、ミドルセットなどと読みオールイン。

フルハウスのアウト、Tハイフラッシュもあるし、相手はショートスタックで深手にはならない。

BBは悩んだ末、コール。

Showしたのは8d6sのストレート、リバーはTでまさかのクワッド。

ビッグポット獲得。

 

SBで88が入る。

スーパーアグレッシブでブラインドスティールさえ許さない。

フォールドでまわてきて、リンプインに案の定BBは4bbレイズ。

相手のハンドはゴミ手だろうとコールでヘッズアップ。

フロップは9K8のレインボーでセット完成。

チェックして相手を誘い、これも案の定1/2ベット。

ターンは4dと怖くないカードにチェック、またまた案の定2/3ポットサイズベット。

これに対して2xレイズに相手はコール。

良くてK9かK8のツーペアだろう。

リバーはJだが両者コミットしているので、オールインで相手コール。

相手はKs4sのツーペアをショーダウン。

ビッグポット獲得。

 

MPから3bbレイズ。

BBから22でコールでヘッズアップ。

フロップは237のレインボー。

チェックに1/3ポットサイズベット、コール。

ターンは9でレインボーでフラッシュは消える、ストレートもない。

チェックで相手は1/2ポットサイズベット、3xレイズ。

これに対しては相手はミニマムレイズ。

この何も役が完成していないであろうボードでのミニマムレイズに嫌な予感がするがコール。

リバーは4でチェックに相手は1/3ポットサイズベットでコール。

相手は33をショーダウン。

セットオーバーセット。。。

50bbを失う。