Bad Beat ポーカーブログ

ポーカーは投機的なゲームであるが、そこにあるジレンマを考察するポーカーブログ

【2017年11月】韓国遠征 2日目

今日はウォーカーヒルでプレイしたい。

ウォーカーヒルは空港からソウルの中心部を抜けて更に1時間と結構遠い。

空港近くの安宿を出発して午前は取りあえず市内観光でもしよう。

 

KTXは使い切りのチケットでもタップ式のカードになっている。

なので自動改札では回収されない。

乗れば乗るだけこの黄色のカードが溜まっていってしまう。

後から気づいたのだがこのチケットの回収マシーンが構内に設置してあり、不要になったチケットを入れるとお金がもどってくる!

錬金術を手に入れた気分。

 

明洞の繁華街へ。

特に物珍しいこともなく。


f:id:llcpastel:20171102144728j:image

昼飯は冷麺となんてことない味付け肉。

ハサミで切りながら冷麺を食べる。
f:id:llcpastel:20171102144701j:image

 

観光スポットなくない?と思いもうウォーカーヒルにいってしまおう。

と言うことでシャトルバスに乗るためにカンジョン駅まで移動。

 

さて、つくとパラダイスシティとは比べ物にならない人の多さ。

ポーカーテーブルも4卓開いている。

新しいテーブルでプレイ。

今回もハンドの入りは悪い。

ポケットペアAxもあまりこない感覚。

代わりに72は5回見た。

やっときたAQoでポット獲得。

一時的に+100kに!しかし、そんなに甘くない。

その後はアグレッシブなアクションにドローすら引けずにズルズルと負けて行く。

AAが入りLAG相手にリバーまで行くがボードにツーペアが落ち、あえなく降りて-100k。

その後は何も引けずに結果的には259kのマイナスでフィニッシュ。

 

これで、昨日の勝ちは吹っ飛んでマイナス。

ハンドのせいにしたい気持ちもあるが、腹をくくれば負けを回避できたポットも多くあった。

結局は自分の実力。

韓国には明確なフィッシュはいない。

今のところは遭遇していない。

ということは、自分が狩られる側にいるということ。

そんなのは御免なので、プレイスタイルを変えていこう。

マージナルハンドでも勇気をもってプレーしなければいけない。

 

疲れたので夕食は帰り道に適当に。

美味いもん食いてー。

けど深夜になにも開いてない。

見つけた食堂で豚のスープを食べる。

味ないので塩を入れまくる。

f:id:llcpastel:20171103011728j:image

小皿で生玉ねぎが出てきたけどこれはダイレクトで食うのか!?

キムチがタダで出てくるのは何気にありがたい。

 

帰りにオロナミンC買ったらキャップ折れて開かなかった。。。

f:id:llcpastel:20171103011904j:image

そして、コンビニの袋は生理用品ばりの漆黒。

 

ソウル駅近くのサウナに一泊。

明日はパラダイスシティに行こう。

がんばろ。

 

【カジノ収支合計】

-22K(KRW)

【経費合計】

190K(KRW)

交通費 8K

食費25K

通信費27K

ホテル代 40K

飛行機代90K